西秋川衛生組合 あきるの市、日の出町、檜原村のごみを共同処理する組合のタイトル画像です。

ホーム>ごみ処理Q&A

組合の概要へ各施設の概要へ議会へデータ集へ環境報告へごみ処理Q&Aへリンク集へお知らせへ

ごみ処理Q&A

Q.一部事務組合って何ですか
Q.ごみは1日どのくらい運び込まれるのですか?
Q.ごみ量は増えているのですか?
Q.3Rとは、何ですか?
Q.最終処分場ではどのような方法で埋め立てていますか?
Q.一部事務組合って何ですか?
A. 複数の市町村が、行政サービスの一部を共同で行うことを目的として設置する組織です。西秋川衛生組合は、ごみ処理業務を共同で行うために、あきる野市、日の出町、檜原村及び奥多摩町で設置した一部事務組合です。
 
Q.ごみは1日どのくらい運び込まれるのですか?
A. 平成25年度の実績で計算します。
可燃ごみ、不燃ごみ、粗大ごみ、資源及び有害ごみを合せて西秋川衛生組合に運び込まれた量は1年間で
22,251tです。
これを搬入された日、259日(土曜日、日曜日及び年末年始などで搬入しておりません。)で割ると、1日当たり平均搬入量はおよそ86t(22,251t÷259日)になります。
 
Q.ごみ量は増えているのですか?
A. 西秋川衛生組合が稼動した昭和54年度から平成15年度までずっと増え続けてきました。平成16年度にあきる野市が戸別収集有料化を行い前年度比(平成15年度)12.6%の減となりました。
それ以来、平成24年度までリバンドもなく、ほとんど前年度並のごみ量で推移しておりました。平成25年度はごみの減量化にさらにご協力いただき前年度比(平成24年度)約0.8%の減となりました。
 
Q.3Rとは、何ですか?
A. 3Rは、Reduce(リデュース)、Reuse(リユース)、Recycle(リサイクル)の3つの英語の頭文字を表したものです。
Reduce(リデュース)は、廃棄物の発生抑制をすること、Reuse(リユース)は、再使用すること、Recycle(リサイクル)は、再生利用することです。
この3Rに取り組むことでごみを限りなく少なくし、ごみの焼却量や埋立処分量を減らすことと、限りある地球の資源を有効に使う社会をつくるものです。(循環型社会)
 
Q.最終処分場ではどのような方法で埋め立てていますか?
A. セル工法と呼ばれる方法です。埋立物を一塊にして飛散しないよう1日ごとに覆土していく方法です。
なお、最終処分場の遮水シートには漏水検知修復システムが取り付けられていて、定期的に異状がないか監視しております。
 

ひとつ前のページに戻る / このページのトップに戻る / ホームに戻る

西秋川衛生組合(あきる野市、日の出町、檜原村、奥多摩町)
〒190-0154 東京都あきる野市高尾521 電話:042-596-4418 ファックス:042-596-4592
Copyright©西秋川衛生組合 All Rights Reserved.